top_menu top_page new_release shipping_infomation item_list poster shoplist query

マイクロエース 試作品ニュース



南海7100系「めでたいでんしゃ(なな)」の試作品をご紹介いたします。
当ページの画像はすべて試作品です。最終的な製品とは異なりますので、予めご了承願います。



南海電鉄加太線は和歌山市と近郊の静かな漁港「加太」を結ぶローカル線です。
2014年秋から「加太さかな線プロジェクト」として風光明媚な車窓とゆたかな海の幸、温泉など、
魅力あふれる沿線のPRを目的とした観光キャンペーンが実施されており、
プロジェクトの一環として加太線で主に使用される7100系ワンマン車に魚を大胆にあしらったラッピングが施されています。

マイクロエースはこれまでに「めでたいでんしゃ」「めでたいでんしゃ(青)」を製品化してまいりましたが、
このたび多くのご要望にお応えして3編成目となる「めでたいでんしゃ(なな)」を製品化!
ラッピング車コレクターの皆様や、加太への旅の思い出を手元に残したい皆様向けに、
これまでに製品化した2種類も併せて再生産いたします。



基本的にはこれまでの7100系「めでたいでんしゃ」各種同様、
ウロコ模様や各種ロゴなどはマイクロエースがこれまでに培った技術力で鮮やかに再現します。
車体の基本色は赤、アクセントとなるエンジ色との組み合わせは新鮮な印象を与えます。
立体的な屋上配管、加太(なんば)方先頭車の前面に装着されるジャンパ栓・ケーブル部品も従来製品同様です。



側面ガラスには編成毎に異なる意匠の装飾が施されており、
"なな"編成の特徴であるさかなと魚群、帆掛け舟とさざなみを再現しています。



目立たない個所ですが、2両とも妻板はエンジ色となります。
クーラーは同色ながら成型色にて極力色味を合わせた形で再現する予定です。
側面後端幕板部の車外スピーカーは印刷で再現します。


今回の"なな"編成では6両を収納可能なブック型ケースを採用し、
再生産される従来の2色も併せて格納に便利な形態で出荷いたします。



●商品仕様は こちらをご覧ください。

商品詳細の表示には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerのダウンロードは こちらから。

南海電鉄株式会社商品化許諾済

本webサイト上の掲載画像は全て無許可での転載を禁止いたします。

トップへ


copyrights