top_menu top_page new_release shipping_infomation item_list poster shoplist query





マイクロエースから超小型・模型用のワイヤレススピーカーが登場!


 模型から音を出して、より臨場感をアップしたい…というのは、モデラーの一つの夢でした。従来、その夢を実現するためには、苦労してスピーカーを搭載したり、音源をICチップに入れて接続したり、あるいはレコーダーから飛ばした電波を受信できるようにしたりなど、難しい加工が必要な物ばかりでした。
 しかし、これからはそのような苦労は必要無くなります。新製品の「マイクロスピーカーシステム」を使えば、どなたでも簡単に、その夢を叶える事ができるのです。ぜひ、この「マイクロスピーカーシステム」で新時代のモデルライフをお楽しみ下さい。    

マイクロスピーカーシステムをご利用頂くために、下記の物が別途必要になります。製品には含まれておりません。

  ・USB(Micro B)ケーブル
  ・USB出力の付いたACアダプタ
  ・Bluetooth機能の付いた再生機器(スマートフォン、音楽プレイヤーなど)
  ・音楽、効果音、走行音などの音声データ


マイクロスピーカーは、一言でいえば「バッテリー内蔵の小型Bluetoothスピーカー」です。
ご覧のとおりコンパクトな製品ですが、この状態でBluetoothスピーカーとしての機能が一通り収まっています。



先ずは充電します。基板の端にあるUSB端子(Micro B端子)にケーブルを接続することで充電が開始されます。
充電中はインジケーターLEDが赤く光ります。充電が完了するとLEDが青色に変わります。
なお、USBケーブルやACアダプタは製品に含まれません。別途ご用意ください。



充電が完了したら、基板上のボタンを押すとLEDが赤・青に点滅を始めます。この状態で、お手持ちのスマートフォンやBluetooth機能を搭載した音楽プレイヤーから、「Bluetooth設定」で接続します。
接続が完了すると、スマートフォンや音楽プレイヤーからの音声が、全てマイクロスピーカーシステムから再生されるようになります。満充電の状態から、約2時間使用可能。スマートフォンに特別なドライバをインストールする必要はありません。
再生する音声は、別途ご用意ください。スマートフォンで「Youtube」の音声を直接再生する事も出来ます。



模型に組み込むために、そのための空間を確保する必要があります。スケールモデルやフィギュアでは台座をご用意いただき、その下に組み込むのがオススメです。Nゲージなどの鉄道模型では、室内に組み込むと比較的容易です。
なお、定期的な充電やBluetoothのペアリングが必要になるため、接着剤や両面テープでの固定はオススメしません。

スピーカーはプラ製のスペーサーで覆われた形になっています。製品が長すぎて模型に入らない場合、このスペーサーの端をカットする事で短縮することも出来ます。更に、スペーサーを取り外す事でよりコンパクトに出来ますが、基盤を直接触ることになるので扱いに注意が必要です。



ディスプレイモデルに組み込む場合には、USBケーブルを接続したまま使用する事も出来ます。バッテリー残量を気にすることなくお使い頂けます。



マイクロスピーカーシステムの機能をご紹介する動画がございますので、ぜひご覧ください。
製品仕様は こちら をご覧ください。
マイクロスピーカーシステムは、全国のホビーショップ、鉄道模型店他で、2018年11月発売予定です。



本webサイト上の掲載画像は全て無許可での転載を禁止いたします。

トップへ


copyrights