top_menu top_page new_release shipping_infomation item_list poster shoplist query event parts_supply notification

マイクロエース 試作品ニュース



西武4000系「52席の至福」の試作品をご紹介いたします。
当ページの画像はすべて試作品です。最終的な製品とは異なりますので、予めご了承願います。



西武鉄道では2016年4月に沿線各地域の活性化と新しい旅行スタイルの提供を目的として、
新たな観光電車として"西武 旅するレストラン「52席の至福」”を投入しました。
秩父周辺の名産を活用した料理を提供するレストラン列車における体験を提供するもので、
池袋・西武新宿から秩父へ向かうランチコースと秩父から池袋・西武新宿へ向かうディナーコース、
池袋を発着するディナーコースが用意されて好評を博しています(感染防止対策のため暫定運休中)。
また食育や名産品に関する食を中心としたイベントなどにも活用されています。

マイクロエースはこれまでに西武4000系を各種製品化してまいりましたが、
このたび多くのご要望にお応えして「52席の至福」を製品化!
これまでのマイクロエースが培った技術の集大成として、様々な技法を駆使して実車の佇まいを再現します。



1号車です。春、芝桜、長瀞の桜をイメージしたラッピングが施されています。室内は多目的ホール、身障者対応トイレとなっています。
なお、側面から前面にかけての上部、実物では濃淡ピンク色で表現されるべき部分がサンプルではメタリックとなっていますが、
この点は量産品では修正される予定です。


2号車です。夏、秩父の山の緑をイメージしたラッピングが施されています。室内はレストランとなっています。


3号車です。秋、秩父連山の紅葉をイメージしたラッピングです。厨房を備え、一部はオープンキッチンとなっています。


4号車です。冬、あしがくぼの氷柱をイメージしたラッピングです。室内は2号車同様レストランとなっています。

微細なラッピングを表現するために特殊プリンターを駆使する方法はこれまでのマイクロエース製品を踏襲しますが、
実感的なメタリック調のインクが使用できない等の制約がネックとなっていました。
このため、本製品では部分的に吹付塗装と通常のタンポ印刷を用いることで金属感のあるメタリックの色調を再現。
それ以外のラッピング部分には特殊プリンター印刷、細部表記やナンバーなどより細密な仕上げが求められる個所には
通常のタンポ印刷を併用するなど、まさに「適材適所」の方針で再現しています。



本製品最大の特徴として、2/4号車の各食卓上のテーブルランプ点灯ギミックを再現。
それぞれにチップLEDを配して明るく点灯させるとともに、テーブルランプを模した透明部品形状により、
部品のエッジ部分が引き立ってより一層の精密感をお楽しみいただけます。



2号車室内部品をご覧ください。
テーブルランプ点灯ギミックのほか、天板に薄茶色仕上を行うことでより存在感を引き立てます。
車端部の業務用スペースは実車に基づいてアコーディオンカーテンを模した彫刻を行っています。


2号車のもう一端にはギャラリーが設置されています。
金型構造を工夫することでカウンター天板を再現します。窓越しにチラリと見えるディテールが楽しめます。



3号車にはクローズドキッチンおよびオープンキッチンが設置されており、
室内レイアウトに応じて片側の窓が塗りつぶされた意匠や1か所のみ残されたベンチレーターを実車に基づいて再現します。
水回りの設備に応じて変化した床下機器部品は専用金型で再現。


なお、実車は全体を淡いゴールドで塗装した後に水色を基調とした四季のデザインがラッピングされています。
このため、地色のままの妻板や前面腰部ライト周辺などは実車に基づいて塗り分けて再現します。
ドアコック表示、車番、ドアスイッチなどはタンポ印刷により鮮明に再現。
実車の仕様に基づいて転落防止ホロ部品を取付ます。


●商品仕様は こちらをご覧ください。

商品詳細の表示には Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Readerのダウンロードは こちらから。

西武鉄道株式会社商品化許諾済

本webサイト上の掲載画像は全て無許可での転載を禁止いたします。

トップへ


copyrights